理事長・学長挨拶

理事長挨拶

多様な視点を持った保健医療の専門職の育成に、責任を持って取り組んでまいります。

敬心学園は、1984年の創立以来、保健・医療・福祉・保育分野の専門職を中心とする専門職人材の育成を30年以上行ってまいりました。
この30年間で社会は大きく変化しました。世界では、発展途上国の経済成長等により、今後、平均寿命が延びる国が多くなることが予想されています。
また、自分の考えを持ち、その上で世界の異なる考えを受け入れ、相互の違いを明確にしながらまとめ、自らの行動を選択できる人材の重要度も増しています。
このような社会の変化に合わせた視点を持ちつつ、高度な保健医療の専門知識を活かした新たな事業やサービスを創造できる人材を育成することを目的として、東京専門職大学(仮称)は誕生いたします。
これからの社会には「自分の考えを持つだけではなく、他者の異なる考えを受け入れて共感し、相互の違いを明確にした上で、自らの行動を選択できる」人材が求められています。私どもは、このように多様な視点を持った専門職の育成に責任を持って取り組んでまいります。
新しい保健医療の未来を切り拓く意欲と志を併せ持った皆様と、共に学ぶ日を楽しみにしております。

学校法人敬心学園理事長

小林光俊

社会福祉法人敬心福祉会 理事長

全国専修学校各種学校総連合会 元会長

学長候補者
挨拶

多様な生活者が「共生できる社会」の実現と発展を推進できる人材を育てます。

国の55年ぶりの教育改革のもと、新しい高等教育機関として「東京専門職大学(仮称)」が設置されます(以下、本専門職大学)。本専門職大学は、科学的根拠に基づいた先駆的・理論的思考、及び高度な実践力を身に付ける教育を行います。
そして、健常者・障がい者、若年者・高齢者など多様な生活者が「共生できる社会」を推進する「実務リーダー」を養成いたします。
本専門職大学は、このような理念と目的の下、学び直しの方々を含め、各人の能力を大幅に伸ばし、保健医療業界における多職種連携と協働、あるいは産業界等との連携を積極的に行う全く新たなコンセプトの大学でございます。
健やかな社会の改革と人材育成を担う新たな教育制度の改革に向け、私自身、本専門職大学の発展を大いに期待していると共に、多くの人たちに支持される大学になることを確信いたしております。
高い志とほとばしる情熱をもった皆様の入学を心より歓迎いたします。

陶山哲夫

リハビリテーション学会専門医・認定医・指導医・義肢装具判定医

日本障がい者スポーツ協会理事・医学委員長

アジアパラリンピック委員会理事・医事科学委員長

日本障がい者スポーツ学会 理事長