専門職大学とは

新たな学校制度
「専門職大学」とは?

2019年に誕生した新たな学校制度「専門職大学」。ここでは、その特徴や一般的な4年制大学、専門学校との違いについてご紹介します。

POINT 1専門職大学とは何か?

高度な「実践力」と豊かな「創造力」を兼ね備えた、
質の高い職業人を養成する新しいタイプの大学です。

2019年4月、短大制度が誕生してから55年ぶりに「専門職大学」という新しい学校制度が誕生します。従来からある大学は、学問を深く研究するアカデミックな教育体系のもとカリキュラムが構成されていますが、社会の急激な変化に対応しきれていないのが現状でした。
専門職大学は、実践的な職業教育をベースに、ますます高度化する専門分野を新たな発想でリードし、新しいサービスを作り出せる人材を養成することを目的に制度化されました。
そのため、600時間以上の実務実習や、専任教員のうち4割以上を「実務家教員(専門分野において5年以上の実務経験があり、かつ高度な実務能力を持つ者)」として配置することが義務付けられています。さらに、その実務家教員のうち半数以上は研究能力を有していることも専門職大学ならではの特色となっています。

POINT 2従来の専門学校とは何が違うのか?

国際通用性のある「学士(専門職)」の学位が与えられ、
将来的に海外での活躍も期待されます。

専門学校を卒業すると「専門士」という称号が、4年制専門学校で3600時間以上のカリキュラムを有していれば「高度専門士」という称号が付与されます。しかし、専門士も高度専門士も「国際通用性」のあるものではなく、あくまで「称号」という位置づけでした。専門職大学は「大学」の枠組みの中に設置されるため、卒業すると「学士(専門職)」という学位が付与されます。すなわち専門職大学を卒業すれば、通常の「大学卒」と同等とみなされます。
ただし、専門職大学は今までの専門学校教育のメリットも生かされており、授業は少人数(40名以下)で行われるため、教育のきめ細かさや教員との距離の近さは専門学校と変わりません。学外での実習時間も専門学校と同等の時間数を確保しています。
進みたい道が決まっているから専門学校に進学したい…でも親や高校の先生が「大学に進んでほしい」といった場合も、大学と専門学校の「良いとこどり」の専門職大学なら、両方の望みを叶えることができるのです。

POINT 3展開科目での学びが専門職大学の個性

本学の場合、展開科目で各資格の周辺領域や経営学も学ぶので、病院や福祉施設だけでなく、一般企業からも期待が寄せられています。

専門職大学では、今までの大学にはなかった「展開科目」をカリキュラムに組み入れることが義務付けられています。この「展開科目」で何を学ぶかということが、専門職大学の「個性」になります。本学の場合、たとえば高齢者や障がい者の「美容」を学んでQOLを高めていただく知識や技術を身につけたり、被災地や避難所における高齢者や障がい者への「災害行政」を学んだりすることで、各資格を取り巻く周辺領域への理解を深めます。また「経営分野」として、マーケティングや財務会計、事業計画立案などを学び、医療福祉現場では実務リーダーとして、また一般企業においても新しいサービスを創り出していける人材を世に送り出します。
これらの学びは、医療機関や福祉施設だけでなく、一般企業からの注目を集めており、企業連携として授業にご協力いただく予定となっています。新しい学びにぜひご期待いただきたいと思います。

【参考資料】
「大学設置基準」と
「専門職大学設置基準」の比較

左右にスクロールできます。

「大学設置基準」と「専門職大学設置基準」の比較