リハビリテーション学部

理学療法学科

理学療法士国家試験受験資格取得

理学療法士国家試験受験資格取得

理学療法の専門性を活かし、現場の中核として
社会の変化に対応できる実務リーダーを養成

養成する人材像

高度化かつ多様化する保健医療分野において、理学療法士としての高い専門的知識と技術を備えると共に、身体に障害のある人に基本的動作能力を獲得させ、多様な生活者の健康寿命の延伸等を含めたQOLの維持・向上に貢献できる人材。さらに、理学療法のみならず、組織の経営・マネジメントの知識を身につけ、共生社会の実現と発展に貢献する実務リーダー。

3つのポリシー

  1. 1)理学療法士として、身体に障害があり社会的な諸問題に直面している人々を援助する意欲のある人
  2. 2)理学療法士として、多様な人々の価値観を認め受入れながら、主体的に考え、実践する意欲のある人
  3. 3)共生社会の実現を意識し、理学療法の専門職として多面的な視点で諸問題を解決する意欲のある人
  4. 4)理学療法士として、多様な人々とコミュニケーションを図り、協調性を持って行動する意欲のある人
  5. 5)理学療法を学ぶための基礎的な学力を有している人
■ 保健医療分野の専門性
理学療法に関わる専門的な知識や技術を修得し、様々な疾患や障害により理学療法を必要とする対象者に対し、適切で専門的な理学療法を行い、社会適応するための支援ができる。
■ 共生社会の理解
理学療法の専門職としての役割に加え、共生社会の理念を実践する理学療法士としての自覚を持ち、組織や地域社会に貢献することができる。
■ 課題解決力
身体運動に関する医療専門職である理学療法士として、対象者の立場や背景、ニーズ等を把握した上で、適切に病態や障害を評価し、運動機能の回復・維持等に対する課題解決に取り組むことができる。
■ 応用力
理学療法の専門性である身体運動分野等に隣接する他分野へ視野を広げ、対象者のQOL維持・向上や健康寿命の延伸に向けた理学療法の応用・展開に取り組むことができる。
■ 組織における経営・マネジメント力
保健医療経営や理学療法に取り組む組織・人材マネジメント等に関する基礎知識を身につけ、保健医療経営やマネジメント等の課題に幅広く対応できる。
■ 基礎科目
理学療法士として活躍するための知識や教養を涵養する科目を配置する。共生社会、QOLの維持・向上についての基本を学ぶ。その上で、理学療法を学ぶための基礎的な能力を高める科目、社会人・職業人としての基本的な能力を養う科目を配置する。
■ 職業専門科目
高度化かつ多様化する保健医療分野において、基本的な医学的知識を身につけた上に、理学療法に関する専門性を多面的な観点から学ぶ。加えて、より質の高い理学療法を提供するため、保健医療に関する制度の理解、組織運営に関するマネジメント能力を養うと共に、科学的な根拠に基づき、より安全かつ効果的な理学療法を提供できる能力を育成するための理学療法専門科目を体系的に配置する。
■ 展開科目
理学療法の専門的な知識や技術に加え、展開力を有した理学療法の実務リーダーとして活躍するために、「理学療法に隣接する他分野(隣接他分野)」「組織の経営・マネジメント(経営分野)」及び「統合分野」に関する科目を配置する。隣接他分野では、「共生福祉論」を学んだ上で、「身体障害への支援システム工学」など理学療法と融合することで活躍の場を広げる科目を配置し、QOLの維持・向上や健康寿命の延伸への考えを深め、複眼的な視点や新たな発想力を養う。経営分野では、基本的な経営・マネジメントを学ぶ科目と、保健医療に関する経営・マネジメントを学ぶ科目を配置し、所属する組織における諸課題の改善に必要な能力を育成する。統合分野では、隣接他分野と経営分野の学修を統合し、共生社会の実現に貢献しうる役割やサービスを考えることができる能力を育成する。
■ 総合科目
これまでに修得した理学療法の知識と技術を統合し、専門性が求められる職業を担うための実践的かつ応用的な能力を総合的に向上させることを目的とする。3年次以降、実験・調査とその解析等の一連の研究課程を体験し、課題解決力・応用力を身につける。

カリキュラム

カテゴリ ●必修科目 ◎選択必修 ○選択科目
基礎科目
社会
  • ●敬心における共生論
  • ●心理学
  • ●社会学
  • ●実務英会話
  • ○経営学
  • ○音楽文化論
  • ○法学
  • ○国際関係論
組織
  • ●リーダーシップ論
  • ●職業倫理
  • ●チームワーク概論
  • ○社会人基礎力
  • ○コミュニケーション論
地域
ボランティア
  • ○スポーツボランティアⅠ
  • ○地域ボランティア論
  • ○地域防災
科学
  • ●建築・まちづくり
  • ●統計学
  • ●生物学
  • ●物理学
  • ○統計学序論
  • ○情報リテラシー
  • ○健康科学
  • ○食と健康
  • ○化学
職業専門科目
講義
演習
  • ●解剖学Ⅰ
  • ●解剖学Ⅱ
  • ●解剖学実習
  • ●生理学Ⅰ
  • ●生理学Ⅱ
  • ●生理学実習
  • ●運動学Ⅰ
  • ●人間発達学
  • ●臨床心理学
  • ●栄養学
  • ●リハビリテーション医学
  • ●リハビリテーション概論
  • ●地域福祉論
  • ●基礎理学療法概論
  • ●運動療法学総論
  • ●基礎理学療法評価学
  • ●基礎理学療法評価学実習
実習
  • ●見学実習(1週間)
展開科目
隣接他分野
  • ●共生福祉論
経営
マネジメント
  • ●実務リーダーのための経営戦略論
  • ●組織・人材マネジメントの理論と実践
  • ○実務リーダーのための財務会計Ⅰ
カテゴリ ●必修科目 ◎選択必修 ○選択科目
基礎科目
社会
  • ○観光学
組織
  • ○国際協力論
地域
ボランティア
  • ○スポーツボランティアⅡ
科学
  • ○ ICT概論
職業専門科目
講義
演習
  • ●運動学Ⅱ
  • ●運動学実習
  • ●運動生理学
  • ●整形外科学
  • ●神経内科学
  • ●内科学
  • ●救急救命の基礎
  • ●理学療法管理学
  • ●運動器理学療法評価学
  • ●運動器理学療法評価学実習
  • ●神経理学療法評価学
  • ●神経理学療法評価学実習
  • ●日常生活活動学
  • ●日常生活活動学実習
  • ●運動器理学療法学
  • ●運動器理学療法学実習
  • ●神経理学療法学
  • ●神経理学療法学実習
実習
  • ●検査・測定実習(2週間)
展開科目
隣接他分野
  • ●身体障害への支援システム工学Ⅰ
  • ◎コーチングの理論とスポーツとの連携Ⅰ
  • ◎障害者の社会参加とスポーツの教育的活用Ⅰ
  • ○ユニバーサルツーリズムと外出支援Ⅰ
  • ○手話による聴覚障害者とのコミュニケーションⅠ
経営
マネジメント
  • ●実践マーケティング戦略
  • ●保健医療経営Ⅰ
  • ○実務リーダーのための財務会計Ⅱ
  • ○ビジネスのための法律
  • ○ビジネスのためのIT
  • ○在宅サービスの事業経営
カテゴリ ●必修科目 ◎選択必修 ○選択科目
職業専門科目
講義
演習
  • ●病理学
  • ●精神医学
  • ●小児科学
  • ●老年医学
  • ●薬理学
  • ●公衆衛生学
  • ●地域共生のための連携活動Ⅰ
  • ●理学療法研究法
  • ●理学療法管理学Ⅱ
  • ●内部障害理学療法評価学
  • ●内部障害理学療法評価学実習
  • ●物理療法学
  • ●物理療法学実習
  • ●義肢装具学
  • ●義肢装具学実習
  • ●内部障害理学療法学
  • ●内部障害理学療法学実習
  • ●小児理学療法学
  • ●高齢者理学療法学
  • ●スポーツ理学療法学実習
  • ●健康寿命の延伸
  • ●在宅医療・介護の推進
  • ●生活環境学
  • ●地域連携学
  • ●地域理学療法学
  • ○予防理学療法
  • ○リハビリテーション医療工学
  • ○アスレティックリハビリテーション
  • ○被災支援と理学療法
展開科目
隣接他分野
  • ●身体障害への支援システム工学Ⅱ
  • ◎コーチングの理論とスポーツとの連携Ⅱ
  • ◎障害者の社会参加とスポーツの教育的活用Ⅱ
  • ○ユニバーサルツーリズムと外出支援Ⅱ
  • ○手話による聴覚障害者とのコミュニケーションⅡ
経営
マネジメント
  • ○保健医療経営Ⅱ
  • ○事業計画策定概論
統合分野
  • ●共生社会の展開と実践
総合科目
ゼミ形式
  • ●理学療法研究基礎ゼミナールⅠ
  • ●理学療法研究基礎ゼミナールⅡ
カテゴリ ●必修科目 ◎選択必修 ○選択科目
職業専門科目
講義
演習
  • ●地域共生のための連携活動Ⅱ
実習
  • ●評価実習(8週間)
  • ●総合実習(8週間)
  • ●地域実習(1週間)
展開科目
経営
マネジメント
  • ○総合事業開発
総合科目
ゼミ形式
  • ●理学療法研究基礎ゼミナールⅠ
  • ●理学療法研究基礎ゼミナールⅡ
講義イメージ 講義イメージ 講義イメージ

理学療法学科独自の選択科目

■予防理学療法(3年次)

予防理学療法学の視点で、理学療法士の役割および活動内容を整理し、健康寿命の延伸に関わる基礎的な知識を身につける。

■リハビリテーション医療工学(3年次)

近年、加速的に広がりつつある工学的アプローチを理学療法士の視点から理解し、機能障害や能力障害の解決を考える。

■アスレティックリハビリテーション(3年次)

スポーツ外傷への対応から再発予防に向けたトレーニングなど、アスリートが競技に復帰までの一連の流れを学ぶ。

■被災支援と理学療法(3年次)

災害に対する行政の取り組み、避難所の開設や運営、災害時の諸問題などを学び、理学療法を有効に実践できる知識を身につける。