リハビリテーション学部

作業療法学科

作業療法士国家試験受験資格取得

作業療法士国家試験受験資格取得

作業療法士としての高度な専門性・実践力と
豊かな応用力・創造力を備えた実務リーダーを養成

作業療法士は、子どもから高齢者まであらゆる年代の方々に、より健康でいきいきと生活していただくための支援ができる専門職として期待されています。東京保健医療専門職大学(仮称)では、多様な人々が活躍できる共生社会の実現と発展を目指し、自立生活の視点から幅広い対象に支援のできる実務リーダーとしての作業療法士を育成します。基礎科目において医療人としての幅広い教養や倫理観を醸成しながら、職業専門科目においては、規定の600時間を大幅に上回る「1,170時間」の臨地実務実習を通じて、専門職業人材としての高い専門的知識と技術を身につけます。展開科目では、実務リーダーの資質に欠かせない「組織の経営・マネジメント」を学びます。また、共生福祉論・ユニバーサルツーリズムと外出支援・美容ケア・障害児教育における学校支援・災害行政といった「隣接他分野」の学びを通じて、多様な生活者のQOL(Quality of life:生活の質)の維持・向上に寄与できる知見を身につけます。