リハビリテーション学部

各科目での講義の様子

学部の特色

健康寿命の延伸により、理学療法士・作業療法士の重要性は年々高まっており、地域医療や在宅医療の推進において重要な役割を担っています。本学部では、理論に基づいた高い技術の提供はもちろん、実務リーダーとして新たな価値やサービスを展開できる理学療法士・作業療法士を育成します。

養成する人材像

少子高齢化、在宅医療の推進、健康寿命の延伸等にともない、保健医療分野では慢性的な人手不足が続いています。また、基準上の人数は満たしているものの、運営上の人数が不足している病院や施設も多く、複雑化・多様化している対象者のニーズに適確に応えることが困難な状況が続いています。
これからの保健医療現場で求められるのは、高度な実践力はもちろん、創造力や応用力、さらにはマネジメント力を兼ね備えた人材です。東京保健医療専門職大学では、高い専門的知識・技術に加え、新しい価値を創造できる能力、関連分野を融合したサービスを展開できる能力、QOLの維持・向上に貢献できる能力、実務リーダーとして組織をマネジメントできる能力を有する理学療法士・作業療法士を養成します。

図