NEWS

2020.08.11
2020年8月1日(土)にオリエンテーションを開催しました

  • お知らせ
  • プレスリリース

8月4日(火)からの対面授業開始に先立ち、8月1日(土)にオリエンテーションを行いました。

6月22日(月)より自習登校が可となりましたが、1年生が一堂に会すのは、入学後、初めてとなります。

校舎入口にはサーマルカメラが設置され、37.5度以上の体温が検知されるとアラートが鳴ります。手指消毒を行い、ソーシャルディスタンスを確保して受付に進みます。

オリエンテーションの場所は、1階の講堂。400人以上収容できますが、十分に間隔を空けて利用しました。

オリエンテーションに先立ち、入学セレモニーを行いました。陶山学長の祝詞、専任教員の紹介、そして学生一人ひとりの名前の読み上げ、最後に校歌の演奏を聴き終了。教員と学生のみが参加するささやかなセレモニーでしたが、1年生の元気な顔を見ることができました。

入学セレモニーの後、草野副学長による感染予防講習会、教務部によるオリエンテーション、学生部によるオリエンテーション、そして防災講習と続きました。

教務部のオリエンテーションでは、鳥居教務部長の音頭の下、初めて会うクラスメイト同士で自己紹介・他己紹介を行いましたが、沢山の笑顔が見られました。

当日は、1年生全員がひとりも欠けることなく出席しました。5月からオンラインによる授業が行われましたが、その間、学修アドバイザー制度を立ち上げ、毎日担当教員から学生にメール発信を行うと共に、毎週ZoomによるWEBホームルームを開催してきました。そうした取り組みが、報われた瞬間です。

東京保健医療専門職大学の歴史が、ようやくスタートしました。教職員一同、「ステューデントファースト」を合言葉に、素晴らしい大学を目指し努力して参ります。