医療福祉学部

リハビリテーション学科作業療法専攻

作業療法士国家試験受験資格取得

  • 昼間コース
  • 夜間コース

作業療法士国家試験受験資格取得

  • 昼間コース
  • 夜間コース

作業療法士としての高度な専門性・実践力と
豊かな応用力・創造力を備えた実務リーダーを養成

作業療法士は、子どもから高齢者まであらゆる年代の方々に、より健康でいきいきとした生活していただくための支援ができる専門職として期待されています。東京専門職大学では、多様な人々が活躍できるダイバーシティ社会の実現を目指し、自立生活の視点から幅広い対象に支援のできる実務リーダーとしての作業療法士を育成します。展開科目では、実務リーダーの資質に欠かせないマネジメントを学び、隣接他分野では新たな視点や事業の推進力を養います。

大学の内観.1

3つのポイント

1.育成するのは現場のリーダー

作業療法士の専門的知識及び技術を中心として、保健医療福祉の幅広い現場でマネジメントできる能力を培い、対象児・者とその家族を含めた地域社会の多様なニーズに応えられる能力を修得していきます。

2.多角・多様な視点のプログラム

既存の概念にとらわれず創造的に課題に取り組み、実践を応用して発展できるよう、専門分野のみならず、近隣領域や周辺分野にわたる幅広い知識を活用して、専門性の枠組を超えた多様な学びを用意しています。

3.広がる現場の可能性

超高齢社会では、保健医療福祉の専門職の知識と技術が必要とされています。とりわけ、生活支援や社会適応のための心身の機能・能力回復等を対象とする作業療法士の可能性や活躍の場は広がっています。

大学の内観.2

作業療法専攻長メッセージ

小林 毅先生

作業療法専攻長(予定者)

小林 毅

「できない」ことの数を数えるのではなく、「できないこと」を少しでも「できるように」「するように」、そして何よりも「できる」ことを活かしてもっとできることをする。「そのひと」に、いつでも寄り添うことのできる作業療法士を目指しましょう。