医療福祉学部

医療福祉学部の紹介

本学が設置する医療福祉学部は、将来の実務リーダーとしての理学療法士・作業療法士・介護福祉士を養成する、新しい考え方に基づいた学部です。本学部は、将来の実務リーダーを育成するために、資格取得の学びにとどまらず本格的な「経営」を学ぶとともに、「美容ケア」「ユニバーサルツーリズム」「支援システム工学(ロボット・ICT)」「音楽療法」「手話」「災害行政」等、専門領域の「隣接他分野」を学ぶことで、今までの大学では輩出できなかった専門職業人材を養成します。しかも、社会人の学び直しニーズに応えるため、リハビリテーション学科では「夜間コース」を設置しています。

各科目での講義の様子

建学の精神

『健常者・障がい者、若年者・高齢者など多様な人々が「共生できる社会の実現と発展」』

教育理念

高い職業倫理観をもち、地域社会の保健・医療・福祉分野の発展に貢献できる人間性豊かな即戦力となる高度専門職業人材の育成

養成する人材像

本学の建学の精神、教育理念を踏まえ、医療福祉学部において、少子高齢社会となった我が国の保健医療福祉分野の発展に寄与する、以下の能力や意思を備える人材「共生社会を推進する実務リーダー」を養成する。

  • 高度化・複雑化する社会のニーズに対応できる高い職業専門知識と技術を備えた人材
  • 理学療法士・作業療法士・介護福祉士の仕事をより魅力的なものにしていくための、展開力、創造力を持った人材
  • 患者や介護者とともに支援者ニーズを把握できる能力と意欲を持つ人材
  • 健康寿命の延伸に貢献する人材
  • 在宅医療・介護の推進を担う人材
  • 保健医療福祉の分野の高度な専門知識とともにマネジメント能力を有しビジネスモデルの改革や継続的な事業につなげることができる人材

本学に医療福祉学部を設置する背景

専門学校を取り巻く社会変化
社会環境の変化により、専門職業人材に求められる役割が変化してきている
少子高齢化と保健医療福祉分野の人材不足
保健医療福祉分野の専門職の不足への対応が必要

【健康寿命延伸や、地域包括ケアへの貢献】

  • 地域社会のニーズを理解し、多職種で連携するためのコミュニケーション能力、調整力、広範囲な課題に対する問題解決力など、高度な能力を持つ専門職の育成が必要となっている

【保健医療福祉分野への貢献】

  • 保健医療福祉分野の就業希望者を増やすため、この分野の魅力を高めることが必要
  • 生産性をあげ、就労条件を改善するために、経営についての知識が必要
家族構成と家族形態の変化
  • 一人暮らしの高齢者の増加や、女性の就業率の向上等、家族形態等が変化
  • 介護支援者に対する支援も必要となっている
健康寿命の延伸
介護予防・健康づくりが最重要課題とされ、活躍できる高齢者を増やし、経済活動を活性化させ、医療費や介護費などを抑制することは、国の重要な課題となっている
在宅医療・介護の推進
多職種連携についての理解・知識、地域社会や自治体との連携、「患者ニーズ」を把握・理解し、社会動向及び環境変化に対応した体制づくりや、新たな研究開発に基づく治療や介護を進めていくこと等が重要となっている
マネジメント能力の向上
保健医療福祉分野の人材不足、及びこの分野の魅力付けのために、経営力を持った専門職が必要となっている

本学に医療福祉学部を設置する理由・必要性

専門学校を取り巻く社会変化
  • 高度化・多様化した社会ニーズが生じた要因は様々であり、その課題解決には、関連する業界等の知識、構造的に問題を認識・分析できる能力、現状を打破する創造力・発展力などが必要
  • 一般の4年制大学では、教養や研究力を養うことがその使命であり、高度な職業人に必要な知識や能力を同時に育成することがその第一の使命とは言い難い
少子高齢化と保健医療福祉分野の人材不足
  • 資格者の人材不足を解消するために、就業環境・労働環境に魅力をつけていくことが必要
  • そのためには、既存の専門教育に新たな能力を育成する内容を加え、創造力や展開力のある資格取得者を育成することが求められる
  • 業務の効率化や労働生産性の向上、就労環境や処遇の改善などによる離職率の低減に加え、理学療法士・作業療法士・介護福祉士の仕事をより魅力的なものにしていくための展開力、創造力を持った人材を養成することが必要
家族構成と家族形態の変化
  • 地域包括ケアシステムの推進は本学にとって重要な分野
  • 保健医療福祉の横断的な知識を持ち、地域の中で活動できるリーダーシップを持つ人材の育成が、その推進に大きく寄与する
  • 被介護者への支援に、対象者のニーズが幅広く、ニーズの把握・理解できる能力を持つ人材育成も必要
  • 今後、理学療法士・作業療法士・介護福祉士も、患者・介護者・被介護者ニーズ把握の知識、それを実務に活かすための戦略的な考え方を持つことが必要である
健康寿命の延伸
  • 健康寿命延伸のため、理学療法士・作業療法士・介護福祉士の専門知識に加え、新しい技術について習得し、能力を発揮できる人材、関連する分野を融合したサービスを展開できる能力を持つ人材育成が必要
  • 健康寿命の延伸を推進するために、複雑化する社会課題とニーズの理解、AIやロボット、IoTなどの新しい技術の導入など、非常に高度な能力が求められる
  • 健康で活躍できる期間を増やすために、生きがいづくり等幅広くサポートする能力等も健康寿命の延伸に有効
在宅医療・介護の推進
  • 在宅医療・介護の推進には、地域包括ケアの推進に寄与できる人材育成は必須
  • 多職種連携を実践でき、生活支援、すまい、家族へのサポート等について理解し、実践的に活動できる能力が必要
  • 訪問リハビリテーション等の事業推進には、事業企画・展開力、組織のマネジメント力、コミュニケーション力も必要
  • これらの能力育成には、保健医療福祉の関連分野の学びも有益
マネジメント能力の向上
  • 人材不足へ対応するため、業務の在り方やビジネスモデルの変革を推進する人材が求められる。労働環境の改善、収益率の向上等により、就労希望者に魅力のある分野として認識されることで、この分野を目指す人材の増加につながる
  • また、経営に関するマネジメント能力を持つ人材が増えることで、事業の継続性が高まり、人材不足解消に寄与することが期待される